ペットボトルは何に生まれ変わるのか

>

勉強をする時に使うもの

紙を作ることができる

ペットボトルは加工することで、紙に生まれ変わることができます。
勉強する時に使っているノートも、ペットボトルをリサイクルして作られた製品かもしれません。
他には、トイレットペーパーやティッシュペーパーもペットボトルから作ることが可能です。
そのように、非常に身近な存在がペットボトルを原材料にしています。

これまでは何も考えないで使っていたかもしれませんが、今後はペットボトルに感謝してください。
たくさんの人が地球環境のことを考えてペットボトルをリサイクルしたから、不自由なく紙製品を使うことができています。
紙製品は、地球上から無くなると困ります。
今後も使えるよう、進んでペットボトルのリサイクルに貢献してください。

下敷きをペットボトルから作る

ノートに字を書く時、何も敷かないと書きにくいので汚い時になります。
下敷きがあると、ノートが安定するので綺麗な字を書けるでしょう。
地味な存在ですが、勉強する時に下敷きは欠かせない存在です。
そんな下敷きも、ペットボトルを再利用して作られた製品だと知っていましたか。

学生なら、誰もが使っている製品だと思います。
リサイクルという技術がなかったら下敷きを作るためにたくさんの自然を壊さなければいけません。
そんなことになると、他の生き物が住めなくなってしまいます。
たかが下敷きを作るために、そのような事態になったら大変ですよね。
今はペットボトルから作れる製品は限られていますが、もっといろんな製品が作れるようになると思います。


この記事をシェアする