ペットボトルは何に生まれ変わるのか

>

食品のトレイや容器も製造する

食品を入れる容器

肉や魚を入れるトレイを、ペットボトルから作ることができます。
毎日目にしていたり、購入していたりする人がいると思います。
スーパーに行くと、ペットボトルの回収箱を見つけることができます。
そこに入れるだけで、リサイクル活動になります。
毎日買い物に行く人は、そのついでにペットボトルを出してくれば良いので余計な手間は発生しません。

これからもどんどん容器を作れるように、自宅にあるペットボトルを回収箱に入れてください。
ペットボトルは軽いので、力のない高齢者や女性でも自宅からスーパーまで持って行くことができると思います。
トレイ以外に、食品用パウチなどに生まれ変わります。
食品を保護するために、欠かせない存在ですね。

ペットボトルがペットボトルになる

1度ペットボトルになったものが、再び加工されて新しいペットボトルになることがあります。
ずっとリサイクルをしていれば、無駄に資源を使うことがないので安心です。
1度使ったペットボトルと聞くと、衛生面が大丈夫なのか疑問に感じる人がいると思います。
ですが綺麗に洗ってから加工されているので、何も衛生上の心配はありません。

ペットボトルの外側を見ると、リサイクルされてできたペットボトルだと記載されていると思います。
そのような表記を実際に見ると、エコ活動に貢献しなければいけないという気持ちになると思います。
今はまだ全てのペットボトルがそのような種類ではありませんが、近い将来は全てのペットボトルがリサイクルされたものになるでしょう。


この記事をシェアする