ペットボトルは何に生まれ変わるのか

>

積極的にリサイクルをしよう

服をペットボトルから作ろう

ペットボトル本体を見ると固いので、加工できる製品は限られると思っている人がいるでしょう。
ですが実は、柔らかい製品もリサイクルすることで作れます。
スーツやネクタイなど、会社に行く時に身に付けているものを作ることもあるそうです。
会社で働いている人は、スーツやネクタイが必需品になると思います

ですから自然と需要が高まりますが、新しくスーツやネクタイを作るために森を伐採していると、早い段階で森が消滅してしまいます。
そのような事態を防ぐために、ペットボトルのリサイクルが進められています。
ペットボトルをリサイクルすれば、たくさんスーツやネクタイを作っても森を破壊することは無いので、綺麗な自然を後世まで残せます。

カバンの原材料になる

学校に通学する時に、指定のスクールカバンを使うとところが見られます。
スクールバッグもほとんどが、ペットボトルから作られた製品になります。
地球環境を守ることに繋がりますし、子供にリサイクルの大切さを学ばせるために重要なことだと言われています。
小さいことからリサイクルすることの意味を教えることで、大人になってからも積極的に自分からエコ活動に貢献してくれると思います。

言葉で伝えるだけでは、子どもは上手く理解できないかもしれません。
実際にペットボトルをリサイクルして作られた製品を使わせることで、リサイクルの大切さを実感できます。
そのために、スクールバッグをペットボトルから製造する取り組みが進められています。


この記事をシェアする